「常識人の馬鹿」と「常識から外れた馬鹿」 とらさんから見るスピリチュアル的な価値観

♬1日1回、金と銀を両方押すと良いことがおきます♬ 下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。 応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。 クリックして現れるランク一覧の中から再度、【猿田彦のヒーリング】を押してね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

寅さんの映画によるワンシーンです笑っちゃいますよね。

これほどまでに、社会の構造をパロディー化した映画やドラマは前にも先にもとらさん以外には見たことがありません。

最後のおやっさんの「馬鹿だね〜」の名セリフは本当に笑ってしまいますよね。

しかし、現実世界でも実際にこのような構図は成り立っています。

現実世界の場合は、これを「常識内の馬鹿」と「常識外の馬鹿」というふうに分けておきましょう。

お互いに、お互いのことをバカだと思っています。

常識内の人間は、自分たちのことを一般常識人と思い、その一般常識が社会の共通のスタンダードだと認識しています。

これは、学校教育や一般家庭教の中で、立派な常識人としての人間像と言えるでしょう。

簡単に言うと、決められた規則を守り上司から言われたことに従い、自我を出さずに勤勉に働くサラリーマンに当てはまるでしょう。

現在の社会では、こういった常識人のサラリーマンがいることで成り立っています。

もし、誰もが好き勝手に自分の好きなことだけをしていたら会社と言う組織は成り立ちません。

しかし逆に、自分を殺し組織の中で働き続けていると、精神的に病み鬱になってしまう人も出てきてしまいます。

もう一方、寅さんのような「常識外の馬鹿」は、個人事業者や会社の社長などに多く当てはまります。

個人事業者や会社の社長は周りと同じことをやっていては、商売が潰れてしまいます。

人と違うアイデアを絞り出すことで、オリジナリティーを出し差別化していきます。

そのように独特な発想を持っているという事は、子供の頃の学校という組織の中では浮いていた人が多いのです。

サラリーマンと、社長では考え方も常識も180度違います。

もっと話を大きくすると、一般市民と貴族では考え方と常識は同じように180度違ってきます。

「常識内の馬鹿」と「常識外の馬鹿」はお互いにお互いのことをバカだと思っています。

「常識内のばか」は「常識外の馬鹿」のことを、ルールに則って行動できない自分勝手な馬鹿だと思います。

生きていく、行動や選択の基準は自分の常識という中の枠に収まっていなければ、それは異端者として偏見の目を持ち指定します。

否定することで、自分の常識人としてのあり方、対象の相手に押し付けていきます。

ここで問題なのは、自分の価値観をこの世界の全てだと錯覚し、その価値観を相手に当てはめようとするのは今流行の言葉でいうモラハラというやつではないでしょうか。

ただ、「常識外の馬鹿」は自分が常識の外で生きているという自覚はあるので、常識内の人たちに何を言われてもある程度慣れています。

特徴的なのは、常識内の人間は攻撃的で、常識外の人間は人の多様性を認めています。

常識内の人間は、真面目なほどそこから外れることを嫌います。そして人も外れていることに嫌悪感を抱きます。

社会というのは、ある枠の中で生きている人と枠の外で生きている人がいます。

本来は、生き方は自由なので、自分の常識が当てはまらないからといって混乱する必要はありません。

本質的には、人は自分と全く違くて当たり前です。

むしろ、同じ尺度で当てはめようとする方が傲慢です。

しかし、学校教育の中では集団行動と社会的な常識を身につけるために教育するので、常識の枠に収まるように徹底的に教育していきます。

それが決して悪いことではないのですが、集団生活に馴染めない子や、コミュニケーションんの苦手な子などやはり多種多様な子どもがいます。

そういった個性を大切に伸ばし、お互いを尊重していくという人間としての思想も大切なのではないでしょうか?

いじめや、差別、偏見というのは自分の尺度で相手を見るので起こる現象です。

最初から人は違うという基本を知っていれば、お互いを尊重しあえるはずなのです。

これは、個人レベルでの話だけではありません。

肌の色、食べ物、習慣、文化、宗教、これらを私たち人間は区別していて、尊重できないので争いが起きています。

大きな視点で見ても価値観の押し付けが問題にあります。

寅さんは、そんな人からの偏見の目はものともしないで、自分らしさをつらぬいて生きているので、実に楽しそうです。

映画の世界なので、パロディーとして面白いのですが、現実の社会では、パワハラ、モラハラとしてかなり深刻にこの現象は問題になっています。

最後に何が言いたいかというと、自分は常識人だと思うのはいいのですが、人にそれを強要するのは人間としてバカだということです。

「常識人の馬鹿」と「常識から外れた馬鹿」本当にバカなのは自分の世界がすべてだと勘違いしている人間のことです。

誰一人同じ人間はいません。

あなたの個性は世界にたった一人だけの個性なのです。誰がどう思おうが関係ありません。

これからは、常識という枠は多様化してきているので、常識にとらわれずに、まず受け入れてみることをおすすめします。

若い人の考えはどうも理解できないと言うセリフは、どうやら5000年前のピラミッドにも刻まれていた文句だと言います。

世代が違えば、常識も変わります、国が違えばさらに違います。そう考えると常識なんていうのは個人の妄想にすぎないレベルになってしまいます。

人は違って当たり前!!

これを覚えておきましょう。

 

大分スピリチュアルヒーリングサロン SARUTAHIKOオープン!!


Facebookで非公開のグループを作りました。 このグループでは、ヒーリングの動画を公開してご自由に見れるようにしてありますので、お気軽に参加してみてください。 https://www.facebook.com/groups/311400439409938/

猿田毘古の骨伝導ヒーリング完全解説

こうしてイエス・キリストは猿田彦になった フィクション小説


♬1日1回、金と銀を両方押すと良いことがおきます♬下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。 応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。 クリックして現れるランク一覧の中から再度、【猿田毘古の骨伝導ヒーリング】を押してね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

関連記事

  1. あなたは誰のもの?

  2. 人間て何?

  3. スピリチュアル的に見て魅力的な女性

  4. 【NOをYESに変える】説得の5ステップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

 

最近の記事

  1. パワースポット巡り

    平成最後に高千穂に行ってきました。
  2. history

    「イエス・キリストは幣立神社にきたことがあるのか…
  3. 大東亜戦争

    つけまつげは淡谷のり子が日本で最初につけた!そし…
  4. イエス・キリスト

    本当の日本のルーツの秘密 フリーメイソンとキリス…
おすすめの記事 最近の記事

CATEGORY

ARCHIVES

PVアクセスランキング にほんブログ村

Twitter でフォロー