日本国民として、洗脳についてあなたが知っておくべきこと

♬1日1回、金と銀を両方押すと良いことがおきます♬ 下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。 応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。 クリックして現れるランク一覧の中から再度、【猿田彦のヒーリング】を押してね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

あなたは、「洗脳」と聞いて自分には無関係のことと思ってはいませんか?

あなたはすでに立派に「洗脳」されていますよ。

今日は、なぜあなたは「洗脳されているか?」についてお話ししていきます。

 

まずこちらをご覧ください。

第2次世界大戦、人は太平洋戦争と呼びますがこの呼び名も洗脳です。本来は大東亜戦争といいます。

その終戦の際の玉音放送の前文の現代語訳です。

昭和天皇の「堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び・・・」のお声を、テレビやラジオで何度も耳にしていますが、よく考えてみると、全文がどんな内容であるのか、聞かされた事もないし、習った記憶もありません。だけど皆知った気にさせられていただけではないでしょうか。これこそが、偏向報道であり、偏向教育の実態です。すなわち洗脳の始まりなのです。


*現代語訳

『余は、深く世界の大勢と、帝国の現状をかえりみて、非常措置をもって事態を収拾しようと欲し、ここに忠実にして善良なる汝ら臣民に告げる。 余は帝国政府に、米英中ソの四国に対し、そのポツダム宣言を受諾する旨、通告させた。

そもそも、帝国臣民の安寧をはかり、万国が共存共栄して楽しみをともにすることは、天照大御神からはじまる歴代天皇・皇室が遺訓として代々伝えてきたもので、余はそれをつねづね心がけてきた。先に米英の二国に宣戦した理由も、実に帝国の独立自存と東アジア全域の安定とを希求したものであって、海外に出て他国の主権を奪い、領土を侵略するがごときは、もとより余の志すところではない。

しかるに、交戦状態はすでに四年を過ぎ、余の陸海軍の将兵の勇敢なる戦い、余のすべての官僚役人の精勤と励行、余の一億国民大衆の自己を犠牲にした活動、それぞれが最善をつくしたのにもかかわらず、戦局はかならずしも好転せず、世界の大勢もまたわが国にとって有利とはいえない。そればかりか、敵国は新たに残虐なる原子爆弾を使用し、いくども罪なき民を殺傷し、その惨害の及ぶ範囲は、まことにはかりしれない。

この上、なお交戦を続けるであろうか。ついには、わが日本民族の滅亡をも招きかねず、さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいない。そのようになったならば、余は何をもって億兆の国民と子孫を保てばよいか、皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊にあやまればよいか。以上が、余が帝国政府に命じ、ポツダム宣言を受諾させるに至った理由である。

余は、帝国とともに終始一貫して東アジアの解放に協力してくれた、諸々の同盟国に対し、遺憾の意を表明せざるをえない。帝国の臣民の中で、戦陣で戦死した者、職場で殉職した者、悲惨な死に倒れた者、およびその遺族に思いを致すとき、余の五臓六腑は、それがために引き裂かれんばかりである。かつ、戦傷を負い、戦争の災禍をこうむり、家も土地も職場も失った者たちの健康と生活の保証にいたっては、余の心より深く憂うるところである。

思うに、今後、帝国の受けるべき苦難は、もとより尋常なものではない。汝ら臣民の真情も、余はそれをよく知っている。しかし、ここは時勢のおもむくところに従い、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、それをもって万国の未来、子々孫々のために、太平の世への一歩を踏み出したいと思う。

余はここに、国家国体を護り維持しえて、忠実にして善良なる汝ら臣民の真実とまごころを信頼し、常に汝ら臣民とともにある。もし、事態にさからって激情のおもむくまま事件を頻発させ、あるいは同胞同志で排斥しあい、互いに情勢を悪化させ、そのために天下の大道を踏みあやまり、世界の信義を失うがごとき事態は、余のもっとも戒めるところである。

そのことを、国をあげて、各家庭でも子孫に語り伝え、神国日本の不滅を信じ、任務は重く道は遠いということを思い、持てる力のすべてを未来への建設に傾け、道義を重んじて、志操を堅固に保ち、誓って国体の精髄と美質を発揮し、世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。汝ら臣民、以上のことを余が意志として体せよ。』

 

いかがだったでしょうか。この玉音放送に込められた日本国民への期待と激励と痛恨の想いを、一体どれだけの国民が、戦後、憶えていたでしょうか。

原文の末に、『宜しく挙国一家、子孫、相伝え、よく神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを想い、総力を将来の建設に傾け、道義を篤(あつ)くし、志操を固くし、誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に遅れざらん事を期すべし。汝臣民、それよく朕が意を体せよ』とありますが、この言葉は戦後五十三年に渡り、国民からほとんど無視されて来た事が分かります。

確かに『総力を将来の建設に傾け』、『世界の進運に遅れざらん事を期す』という所だけは、必死になってやって来ました。ところが、誰も『神州の不滅』など忘れ、『道義』も軽んじられ続けました。

『志操』もゴミ箱行きで、『国体の精華』なんて、国民体育大会の聖火としか思われないほど、精神性を捨て去って来たのです。

『挙国、一家』などという言葉すら、戦前の軍国主義への偏見やヤクザの一家という、ものすごく歪曲されたイメージでしか見られないという始末です。

物質的な建設と、世界のトレンドに遅れるまいとする姿だけ肥大し、精神にかわることを、放り出してしまったのです。

『神州日本の不滅』『道義』『志操』『国体』という意識を、取り戻さないと、この先、誰も生き延びられません。

なにしろ、相手方の欧米やユダヤは、民族・国家意識には凄まじいものを持っています。彼らの民族意識や国家意識に対抗し、つぶされないで伍して行く為に必要なのは、今挙げたような日本独自の民族意識・国家意識の復活なのです。

それのない日本人は、欧米流のやり方に押しつぶされ、奴隷的な生を送るしかないと、痛感します。

真っ当な民族意識と国家意識を、復活させる事は可能な筈です。それが『国体の精華を発揚』するという事なのです。

なぜなら、民族意識こそ、国家にとって民族にとって、最大最強の武器なのです。それ故に、五十三年前、マッカーサーは、先ず最初に日本の「民族意識」を、新憲法によって無力化したのです。

彼等が最も恐れたのは、この国の軍事力ではなく、それを支え続けた日本人の民族意識・精神力だった事が、これからも分かります。

日本人の精神力を骨無しにし、アメリカに魂を売らせる事が、最大の武装解除を意味したのです。だからこそ、売ってしまった日本魂を取り戻さなければなりません。

それこそが、昭和天皇の悲願だったのではないでしょうか?

 

日本人の強さを恐れたアメリカ

 

1945年9月20日−文部省が「教科書の戦時教育部分の削除」を通達。そして国民学校の生徒自身の手によって、教科書に墨が塗りたくられました。

 墨塗りが行われた教科書は主に、国語でした。地理、歴史、そして現在の道徳である修身の教科書は、墨塗りではなく、処分された、、、GHQの指令の下、「アメリカ教育使節団報告書」に基づいた大規模な学制改革が、戦後日本で、実施されました、、、

 日米大戦で、兵隊、装備、資源、全てにおいてはるかに上回る大国アメリカを相手に、日本は最後の最後まで戦い抜いたのです。その日本人の驚異的な敢闘精神に、米兵は恐怖心を抱きました。
 米兵は、硫黄島で見えない日本兵と戦わなければならなかったのです。そのうえ、洞窟で必死の抵抗を見せていたのは、民間人でした。沖縄では少年兵が、爆弾を抱えて戦車に突撃してきました。そして、まっすぐに戦艦に向かってくる「特攻隊」。彼らは皆、自らの命と引き換えに、家族を、祖国を守ろうとしていました。アメリカは凄まじい戦いを見せた日本をそしてその国民性を恐れたのです。
 そして日本が、二度とアメリカの脅威とならないよう、GHQによる占領政策が開始されました。それは単なる「武装解除」だけではなく、日本人の精神を根本から破壊することが狙いだったのです、、、

 

完璧だった日本占領

 

もちろん、教育改革だけではありません。GHQはたった6年半の間、日本を占領しただけですが、その政策は徹底的で、完璧だと言えます。完璧に今の日本社会の隅々までいきわたっています。
 事実、アメリカは日本占領が完璧な出来だと思っているわけです。そして、現在の日本が抱える大きな問題、レベルが下がり学級崩壊が起きている学校教育、沖縄基地問題、憲法9条、国旗国歌に敬意を払わない教師、慰安婦や南京大虐殺という捏造される報道、ありとあらゆる問題はここから始まっているのではないでしょうか。

 

教科書だけの知識の人は、今でもGHQとマッカーサーは日本を民主化したヒーローと思われているかもしれません。本当はGHQは何をしたのか?それを知らなければ、本当の日本の姿を知ることはできないでしょう。70年後もGHQに精神を支配され、子供達が大人になる100年後もそれが続いているかもしれません。

 「罪悪感をすり込む教育」「劣等感をすり込む教育」をずっと受けてきた、日本人は「誇り」や、自分の「軸」となるような価値観を見失いつつあるのではないでしょうか。自分に価値を感じないという子供が、圧倒的に多くなった日本。しかし本当の歴史を知れば、この国に生まれた事を心から誇らしく思うでしょう。なぜなら日本は、、、

 世界最古の歴史を持つ国。大帝国であるアメリカと全面戦争した唯一の国。結果的に終戦して今でもその後遺症に苦しんでいるが、白人による植民地搾取の時代を終わらせ、アジアにたくさんの独立国を生むきっかけになった国。

 アジアが平和で安定している一方、常に不安定な中東のエジプトのナーセル大統領は昔こんな言葉を残しています。

「アジアには日本がいた。アラブには日本がいなかった」

 GHQの占領政策があまりに完璧に日本を潰しました。まずは、それを知ることから始めませんか?本当の史実を知る事で、私たち日本がいかに偉大な歴史を歩んできたか、誇らしく感じられることでしょう、、、

 

日本人を弱く、馬鹿にさせる 3S政策

 

3Sとは、
1.Sports(スポーツの奨励)
2.Sex(セックスの解放)
3.Screen(映画の奨励)
のことです。
この3つのSを使って日本人を弱く、馬鹿にしようと考えました。
他にも【3R・5D・3S】と、3つ揃って具体的な策の一つなのですが、今回は3S(補助的施策)に的を絞ってお話しします。
3R(基本原則)
Revenge(復讐)
Reform(改組)
Revive(復活)
 
5D(重点的施策)
Disarmament(武装解除)
Demilitalization(軍国主義排除)
Disindustrialization(工業生産力破壊)
Decentralization(中心勢力解体)
Democratization(民主化)
3Sは、補助的施策と言われていますが、めちゃめちゃ私たちの日常に影響を与えています。
この3S政策は安岡正篤さんが、GHQのガーディーナ参事官に直接「これらを策定した」と話を聞いたことから明るみになりました。
安岡正篤さんが書かれた本の中にこの、【3R・5D・3S】政策は日本を骨抜きにする政策なのに、日本人はむしろ喜んで迎え入れたと書いてあります。
この3Sは、実は戦前よりもはるか昔からあったものです。元々ユダヤ人を貶めようとしてつくられたものを(通称ユダヤ人の3S謀略)GHQがそれをフルに参考にして日本人にも適用しました。
その、ユダヤ人を骨抜きにしようとつくられた、秘密権力の世界征服計画書『シオン賢者の議定書』(The Protocols of the Elders of Zion)のなかに3Sの説明の箇所があるのでご紹介します。
彼らに事情を悟らせないために、我々は娯楽、競技、ゲーム、色事、遊び場をあてがって、さらに政事から遠ざける。
やがて新聞を使って芸術、スポーツなどありとあらゆる種類の競争を始める。
こういうことに関心が向けられれば、我々と政治闘争をしなければならない人民の関心を、すっかり方向転換させて
しまう。
『シオン賢者の議定書』第13議定
これは、GHQの発した3Sの理念とばっちり同じなんです。 その理念は、政治とか、大事なことに目を向けないようにするために3Sを広めるということです。
ではその3Sを一つひとつ具体的に見ていきましょう。
まず、Sports(スポーツの奨励)です。
{E69C1313-4831-4BEB-A983-69D7FA7AC881:01}

え?めっちゃいいやん?って思いますよね!

これは、どちらかと言うとするのではなくて観戦、(観る)ことの奨励です。するのも含まれてますが何事もバランスでしょうか。
才能のあるかたは私はどんどん活躍して欲しいと思いますが、GHQの戦略や思惑、意図は、どんなものか知っておくのも一つかと思います。
社会問題にあまり興味を持てないようにと昼は働いて夜はナイターの観戦に熱中してもらおうと思ったそうで、その頃からプロのスポーツ観戦がはじまりました。
{AD6D896D-401A-45BA-9D01-BD3227D911E2:01}
そして、思惑のなかの一部を紹介すると、体力を消耗させて、社会悪と戦う体力を無くそうという戦略もあるし、ストレスも解消されるので、社会が荒んでいても「そんなのどうでもいい」と思えるようにしようとしたし、更に武術より、球技に夢中になってほしいということもあります。
そして、2つ目が、Sex(セックスの解放)です。
{5D078E9B-9D47-4346-B4C1-A6793C4D0672:01}
性風俗やアダルト産業を広めることに尽力しました。あり得ないほどの勢いで市場拡大しました。
それと、男性には骨抜きにしたくて、そうした産業を流行らせて精力(攻撃力)を違う方向に発揮して、武力を削ぎ落とそうと考えました。
女性には、恋愛ドラマを流行らせることで、日本の女性の恋愛の価値観を大きく変えて、恋愛を超流行らせて、恋愛に全エネルギー集中するように仕向けました。
最後に、Screen(映画の奨励)です。
{63C70412-B9FA-4931-9386-6D42CC4002F8:01}

GHQが意図した映画を奨励する意図は、

映画とかテレビとかで、人を殺したりテロが起きたりするシーンが結構あると思います。そういうシーンに慣れてもらい、本当にそのようなことが起きたときのショック、衝撃を減らす戦略です。
そして、人が殺されたり、悪が倒れるシーンを何度も見せることで、スッキリさせて社会とか政治の嫌なところにそんなに反応しなくなるのも考えられました。
テレビ依存症も戦略のひとつです。。また今度お伝えしますがメディアには、たくさんの日本を二度と立ち上がれない国にするプログラムが組み込まれています。
というような感じです。
 Sは、Speed(クルマ)も含まれているという説もあります。
更に!伝えたいことたくさんありますが、日本人みんなが知ってるあの毎年恒例のテレビ番組も戦略だったり、もうひょえーというようなことがたくさんありますよ。
GHQは、あまりに厳しい占領政策をすると、暴動が起きかねないので、目をそらせるためにさりげな~くガス抜き政策として、こちら3S政策を行いました。

植え付けられた自虐史観

GHQによって内側から破壊された日本教育

 

そして、歴史は隠蔽され真実は闇の中。

日本人が古来より大切にしてきた思想を根こそぎ改ざんしてきました。

その中でも、日本古来からの漢字までもがその対象となりました。

日本の漢字には意味が込められています。

漢字の構成を変えることでその持っている意味さえも大きく変えてしまうのです。

 

靈 ➡︎ 霊

≪隠された霊の本来の意味!≫

【れ】 禮、成り立ち、神に供え物をして行う祭礼を表します
【い】 息吹き、息吹く、生命の根本原理を表します 

巫女01


霊は本來「靈」と書きます。“れい”自体が言靈で意味のある言葉になりますが、漢字の意味では巫女が口を開いて雨を受け取っている圖が象徴化されています。

シャーマンである巫女が農耕に大切な雨期などの自然現象を知るため、天のメッセージや自然の聖靈のメッセージをエネルギーとして受け取っていることを現しているのが靈という漢字なのです。ちなみに3つの口はシャーマンに必要な三位一体の態度を示します。

(肉体の入口、心の入口、魂の入口の調和=三位一体)

つまり靈とは本來、宇宙や大自然の高次のメッセージである自然エネルギーを現します。ですから、そういった高次の智慧であるエネルギーを受取った人は靈的存在として、人々の進化を導くマスターになるのです。

そして、日本民族は元々がシャーマン的な素養を全員が供えており、それは“靈”という漢字が表していたのです。これをGHQが霊と変えることにより、實は想像を遙かに越える恐ろしい意味があります。

本來、巫女とは、天と地をつなげる存在でした。見えない天のメッセージやエネルギーを受け取る器です。世界的に高名なシャーマンが女性なのにはきちんと理由があるのです。

しかし問題として巫女自身はそのメッセージを受け取るだけで、解釈は出来ません。そこで、そのメッセージが人民にとって有効かどうか、論理的、思考的に判断解釈する存在が必要です。これが審神者(サニワ)と言います。

巫女 =女性的、直感的、右脳的、陰性
審神者=男性的、論理的、左脳的、陽性 

つまり、巫女である女性が天や自然の声(メッセージ)を捉え、サニワという男性が、その声を一般の人民にも理解できるような言葉に翻訳し、人々に伝える。

これが本來の「マツリゴト(政)」=天の声を祭ることでした。このマツリゴト(政)で築き上げられる文明は、巫女のメッセージを根源としているので常に、宇宙や大自然と調和した文明となります。これが女性原理文明です。

霊04


ところが、現代社会はサニワである男性が力を持ってきます。男性は、マツリゴトの根源である巫女のメッセージを切り離し、論理性を中心とした政治を行うようになります。これは生物学的身体レベルでの右脳性(直感性)の切り離しも象徴します。

それにより築き上げられる文明は、徐々にエスカレートして宇宙や自然との調和を欠いた文明へと進んでいきます。これが現在の人類の文明。つまり男性原理文明です。男性原理文明においては、巫女に象徴させる女性的、直観的、右脳的で陰性な見えないエネルギーを嫌います。

つまり、理解できない怖さの幻影が、本来高次であるべき靈という本質を幽霊に代表される低次の霊という影に押し込んでいきます。霊という文字に変えることにより高次元の自然エネルギーはオドロオドロしいものへと変わっていきます。シャーマニズムや自然療法の迷信化、魔女狩り、女性蔑視はすべてはここの文字から始まるのです。

巫女02


女性軽視で、靈的事實をねじ曲げられた背景に、必ずこの文字の意味も関与しています。靈的とは、本來は自然エネルギーのことを表しますが、その意味をねじ曲げれば支配は容易く出來ます。日本民族は元々が全員がシャーマン的能力を備えているのを封印するために文字を劣化させたのは間違いありません。

漢字は意圖的に変えられてるのが非常に多いですが、この秘密までたどり着く人はまだまだ少ないと思います。ですが、世の中の根本原理をねじ曲げられるほどのチカラがある漢字なので、絶対に“霊”とは使ってほしくありません。 

 

和多 ➡︎ 私

」という漢字。

この漢字の作りは、のぎへんにカタカナのむで構成されていますが、元々この私という漢字は

「和多志」

というように書いていました。

つまり、私、自分とは、多くの志を和すという意味でつまり、

「自分は全体の中の一人であって、全体があって個がある」

という意味です。

GHQは個人主義を広めたいがために「私」という漢字に変えたのです。

のぎへんには実るという意味がありますが「ム」には「もうない」「なくなった」もしくは「ない」の意味があります。

つまり「実らない」を表しており、日本人を骨抜きにしたいGHQの意図は3S政策からみても明らかですので、この漢字の変更にも意図が含まれていると見たほうが自然といえます。

氣 ➡︎ 気

氣の上の气という部分は天地を表している。气の中にある米は、八方に開いている姿をかたどったものであり、天地の八方に生命エネルギーを放出していく状態を表わしています。米から生命エネルギーをいただくから「氣」という意味もあるが、本来の意味はこうした意味があります。

これに氣づいたアメリカは、GHQの占領政策の際に「氣→気」に変えて日本人の精神性を劣化させました。气にメというのは、天地のエネルギーを閉じ込める意味があり、人間に備わった潜在能力の封印という意味もあるのです。漢字は東洋の神秘といわれ、的確にすべてを表しています。

「気」という漢字を使っていたら、知らず知らずの内に自らの才能や可能性を閉じ込めてしまう恐ろしい文字であり、使ってはいけない漢字です。気→氣に文字を変えるなど簡単なことであり、そんな簡単なことを改善するだけで、運氣なども飛躍的に上がります。

莫迦 ➡︎ 馬鹿

「馬鹿」とあるりますが、馬と鹿は頭が悪いのでしょうか?霊長類を卑下する漢字に意図的に変えられていますが、バカは「莫迦」が本来の漢字です。そんな漢字を使っていれば、知らず知らずに動物たちを卑下する思考にも繋がります。わたし個人的には人間のほうが動物よりよっぽどバカだと思います。

 

 

まだまだありますが、こんなに網羅して日本の文化を根こそぎ封印して、洗脳したということは、1つは終戦後に日本人を弱体化させる目的だったのでしょうが、その他にも日本のものすごい歴史の裏側も完全に封印しておくためにここまでやらざるおえなかったのかもしれません。

ここまで徹底的に封印されても、まだ日本として世界に大きな存在感を示している日本という國は本当に世界でもっとも優秀な人種であり民族だと私は誇りを持っています。

 

じつは、あなたも生まれた頃から知らずのうちに洗脳されていたなんて思いもしなかったですか?

 

それでは、今日はちょっと長くなってしまいましたが、ご拝読ありがとうございました。

大分スピリチュアルヒーリングサロン SARUTAHIKOオープン!!


Facebookで非公開のグループを作りました。 このグループでは、ヒーリングの動画を公開してご自由に見れるようにしてありますので、お気軽に参加してみてください。 https://www.facebook.com/groups/311400439409938/

猿田毘古の骨伝導ヒーリング完全解説

こうしてイエス・キリストは猿田彦になった フィクション小説


♬1日1回、金と銀を両方押すと良いことがおきます♬下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。 応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。 クリックして現れるランク一覧の中から再度、【猿田毘古の骨伝導ヒーリング】を押してね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

 

最近の記事

  1. パワースポット巡り

    平成最後に高千穂に行ってきました。
  2. history

    「イエス・キリストは幣立神社にきたことがあるのか…
  3. 大東亜戦争

    つけまつげは淡谷のり子が日本で最初につけた!そし…
  4. イエス・キリスト

    本当の日本のルーツの秘密 フリーメイソンとキリス…
おすすめの記事 最近の記事

CATEGORY

ARCHIVES

PVアクセスランキング にほんブログ村

Twitter でフォロー