猿田彦のヒーリング10 肋骨,胸骨,鎖骨を軽やかに開放、呼吸しやすいカラダに

 

下のバナーをクリックするとチャンネル登録ができます。

ぜひぜひチャンネル登録お願いします!

♬1日1回、金と銀を両方押すと良いことがおきます♬ 下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。 応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。 クリックして現れるランク一覧の中から再度、【猿田彦のヒーリング】を押してね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

 

肋骨(あばらぼね)は、頸椎(けいつい)や腰椎(ようつい)とも連結している骨の数が多く繋がっているので、硬くなりやすい部分です。

ダンサーでもない限り、胸をぐにゃぐにゃ動かす機会も少ないので、さらに硬くなりやすく、血行やリンパの流れも悪くなっていきます。

そして硬いまま放っておくと、やがて呼吸が浅くなり、息苦しさも出てきます。

「巻き肩」になると前側が下がって後ろ側が持ち上がったような状態になり、腕の重みとあいまって顎や首の筋肉を引っ張り下げたり

リンパの流れの最終出口(静脈と合流するところ)を窮屈にしたり、

首の横から後ろにかけての部分では腕に繋がる神経を圧迫したり身体の機能の働きを妨げると同時に腕の自由な動きも妨げてしまいます。

エネルギー体でのヒーリングのすごいことは通常の肉体の施術ではできないことができるようになります。

この肋骨(あばらぼね)の場合、バーーーン!!と開放し全部開いてしまいます。

心配は無用です、エネルギー体でバーーン!と開いても実際には胸がはちきれたりはしないので、大丈夫です。

ヒーリングで肋骨(あばらぼね)を開放し、肩甲骨も位置をがくんと下げますので、猫背がちな人も胸を張り、胸もスッキリ開放された感覚になります。

呼吸も深く楽にお腹からできるようになり、すべての循環を好転させていくのです。

ヒーリングでは、頭頂部の頭蓋骨連結も開放し、胸のあばらも開放しますので、とても爽快感を感じる人は多いのです。

猿田毘古の骨伝導ヒーリング完全解説

こうしてイエス・キリストは猿田彦になった フィクション小説


♬1日1回、金と銀を両方押すと良いことがおきます♬下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。 応援して下さる方は、パソコンも携帯電話の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。 クリックして現れるランク一覧の中から再度、【猿田毘古の骨伝導ヒーリング】を押してね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

 

最近の記事

  1. 神仏習合

    神仏集合 宇佐神宮と両子寺、2つの奥の院は古代ピ…
  2. 古代文明

    【保存版】六郷満山と古代文明の謎 古代文明の超巨…
  3. 古代文明

    【保存版】世界最古にして最大級の超古代要塞都市の…
  4. 古代文明

    天然記念物 黒曜石の裁断から見る古代文明の技術レ…
おすすめの記事 最近の記事

CATEGORY

ARCHIVES

PVアクセスランキング にほんブログ村

Twitter でフォロー